積立NISAをやってみよう!私の運用成績 ~2021年9月版~

資産運用・投資

  毎月恒例の投資運用成績発表!!今回は積立NISAを始めとした投資信託、インデックス投資についてです。

  この企画は投資に関して凡人以下の知識しかなかった人間(私)が

  • 初期設定をちょっと頑張っただけの、毎月ほったらかしで投資信託を積み立てる。
  • その積み立てた投資信託がどれだけ働いてくれるのか。
  • 積み立て投資の魅力、メリット・デメリット
  • 積み立て投資の銘柄の選び方

 以上について綴る企画です。

 この記事が積み重なることで、今の時代必須になりつつある資産運用・投資についてもっと身近に、気軽に、誰でも出来るものだと伝えられるものにするのがこの企画の趣旨になります。

 申し遅れました。

kon-mas
kon-mas
  • アラサー(?)2児のパパ投資家ブロガー
  • 投資歴約2年、高配当株投資とインデックス投資の二刀流
  • インデックス投資歴は1年半ちょい。

 ちなみに先月時点の運用報告がコチラ。

注意事項!

当ブログでは将来への資産運用・投資を勧めていますが、投資は元本保証がなくリスクを伴うものです。投資は自己責任で行ってください。

この記事を見て投資を始めて損害が生じたとしても、当ブログは一切責任を持ちません。

代わりに利益が出ても分け前よこせと言いませんし、儲けた!とコメントして頂いたら全力でお祝いします。

9月に購入した投資信託

 それでは早速紹介していきます。

積立NISAでの購入分

 積立NISAで購入する銘柄はずっと変更はありません。

 その名もeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

 ※リンク先は楽天証券の銘柄紹介ページです。

 超大雑把に言うと、アメリカの主要企業500社の株式に分散投資するものです。

 この銘柄の購入理由は

  • 百年以上右肩上がりを続けるアメリカ企業の実績
  • 投資家保護が厚いアメリカの法制度
  • 管理費用が0.1%以下と格安の手数料

 などなどです。

 購入は先月同様に積立NISAの限度額40万円の月割り33,000円です。

ファンド数量単価購入金額
eMAXISSlim 米国株式(S&P500)19,274 口17,27733,300

 ここ最近アメリカも日本も株式市場が絶好調で、2日に1度くらいは「〇〇が最高値更新!」というニュースを耳にします。

 こういうことを聞くと、現在は高値圏で買うのに向いていないんじゃないかと思いがちです。

 実際に先月よりも購入単価が600円ほど上昇しています。

 しかし「いつが買い時か?」などと考えても結局未来は誰にも分からないし考えるのが面倒です。

 そのためこの銘柄のようないわゆるインデックスファンドは、何も考えず毎月淡々と購入します。

その他投資信託の購入分

 私は楽天証券では上記の積立NISAで投資信託を購入するのをメインとしています。

 しかし例外として、楽天ポイントで投資信託を購入しています。その理由が

  • 楽天ポイントの現金化。※しかも運用して増やせる
  • 楽天市場でのお買い物時にポイント倍率が1%上がる、SPUの対象となっている

 これらの理由によるものです。

 前者について。私は積立NISAの購入支払いを楽天カードからやっており、その支払いに対して1%の楽天ポイントが付きます。

 ある意味配当金や分配金などと同じくここで付く楽天ポイントも「投資で得た利益」ですよね。

 私はこれをさらに再投資することで投資元本を膨らませるのに使っています。

 また後者も言葉通り。楽天市場での買い物で、ポイント還元の恩恵を受けられます。

 それぞれ「たった1%?」と思われるかもしれませんが、投資の世界での1%を甘く見てはいけません。

 単純比較ですが、積立NISAの限度額(40万円)、非課税期間いっぱい(20年)で運用した場合を想定し、運用利回りを4%と5%と変えた場合で比較すると

シミュレーション 金融庁ホームページhttps://www.fsa.go.jp/policy/nisa2/moneyplan_sim/index.html

 1%の違いで146万円の差が出ます。

 このような積立投資をクレジットカード決済可能という証券会社はそう多くありません。

 そのため当ブログでは「積立NISAには楽天証券!」を推奨しています。

 ほぼ同じことですが、より詳しい理由は別記事で書いています。

 さて話を戻して、今回楽天ポイントを使って購入した投資信託がコチラ。

ファンド数量単価購入金額決済通貨
eMAXIS Slim 全世界株式
(オール・カントリー)
629 口15,8911,000

 購入したのは先ほどと同じく eMAXIS Slim シリーズの今度は全世界の企業の株式に分散投資する銘柄です。

 投資範囲が全世界と広いため、積立NISAで購入する銘柄よりもリスクが小さいという意見もあります。

2021年9月時点の時点のポートフォリオ

投資信託のポートフォリオ

 まずは投資信託のみのポートフォリオです。

ファンド時価評価額[円]評価損益[円]評価損益[%]構成比
楽天・全世界株式インデックス・ファンド2,74374337.16%0.287%
楽天・全米株式インデックス・ファンド3,1301,13056.51%0.327%
eMAXIS Slim 全世界株式20,7311,2316.31%2.168%
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)929,589229,88932.85%97.218%
956,193232,99332.22%

 順調です。順調過ぎるかもしれません

 これらが含み損を被るような状況は、間違いなくバーゲンセールだろうなと思います(笑)

金融資産全体のポートフォリオ

 続いて私の保有する金融資産、と言っても投資信託以外は日本国内の個別株のみですが、全体の構成比です。

 銘柄別に書くとごちゃごちゃになって見にくいので、国別の投資対象を見やすいようにグラフ化しました。

 この構成比は時価総額がベースになっているため、成長著しい米国株が元本以上に存在感を出しています。

 その他の詳細はこんな感じです。

投資金額含み益(金額)含み益(%)構成比
投資信託(アメリカ)932,719231,01932.92%60.43%
日本国内株式(個別株)587,272102,60621.17%38.05%
投資信託(全世界)23,4741,9749.18%1.52%

 大雑把なポートフォリオが全てに含み益が出ており、順調の一言。

 国内株は高配当株投資をやっており、売却を考えていないものの含み益は嬉しいですね。

 高配当株投資についても、同じように運用状況をまとめてます。先月分はコチラ。

今後の方針 ~やることは変わりませんが、気になること~

 積立NISAについて、今後やることは変わりません。

 高騰しようが、暴落しようが淡々と積立購入を続けます。

 もちろんそれは

 未来は誰にも分からないから

 まあ分からないとは言うものの、世界はもっともっと課題を克服して成長し続けると信じているからこそ、続けられるんですけどね。

 一方で私達投資家について、ちょっと不穏な未来が

 そう 増☆税 です。

 株式等の売却益や配当金などの金融所得について、増税を主張する候補が日本の総理大臣になりそうです。

 現在は利益に対して所得税15%、住民税5%、復興特別所得税が0.315%の約20%の税金がかかっています。

 この構成比がどのようになるかは全く不明ですが、これを30%にしようというのです。

 私達零細投資家にとってのいじめです(笑)

 そのため今回取り上げたような積立NISAやⅰDeCoのような非課税制度の活用が、庶民の資産運用についてより重要性を増すものだと考えています。

 このような良くも悪くも長期投資に影響を及ぼすイベントがちょこちょこあります。

 そういったことも今後ブログで取り上げて、自分の備忘録がてら少しでも資産運用や投資について役立つ情報を届けられるように当ブログを運営していくので、今後もよろしくお願いします。

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村

プロフィール
kerodama0911

 祖父から田畑を受け継いだ新米兼業農家にして

 TREKを愛するへっぽころーでぃーにして

 自分のため、嫁のため、そして我が子たちのために資産運用を頑張るパパ投資家である

 そう我こそは! 新米ブロガーkon-mas

kerodama0911をフォローする
SNSフォローボタン
kerodama0911をフォローする
資産運用・投資
スポンサーリンク
kerodama0911をフォローする
けろだま

コメント

タイトルとURLをコピーしました