自己紹介続き ~農業を相続!? 農業を始めるきっかけ+α~

農業

 ここではプロフィールに書ききれなかった自己紹介の続き、主に農業を始めるきっかけと、農業を相続してまずやったことの備忘録です。僕自身の備忘録とともに、同じように農業を相続した人の参考になればと思います。そしてなにより、この記事通じてこんな人間がやってるブログなのだと知っていただけると嬉しいです。

ただしまず農業を相続することになったらまずやることの結論

まず農協へ相談して!! それもなるべく早く!!

はじまり

 前提として我が家は一般的なサラリーマン家庭。加えて田舎でよくある「田んぼと畑があって、年間行事に春と秋に田んぼの手伝いが当たり前」というやつです。

 しかも残念なことに長男で男は私1人。姉と妹がいますが、、、お察しください。
 そんな我が家の大転換点。2020年夏、祖父が亡くなりました。
 数年前からもう長くないだの、慢性心不全で入院だの転んで2,3回腕やら足やら骨折して入院だのいろいろあり、何度も復活した祖父でしたが、ついに・・・って感じでした。
 せめて苦しい思いをすることなく、また家族に見守られて息を引き取ったのが救いだったのかな。

 じいちゃん、分かってなかったかもしれないけど、あんたが逝って2週間くらいして無事2人目が生まれました。あんたの顔は写真でしか知らないけど、ちゃんと大きいじいじって教えとくので、見守っててください。

俺が農業を相続ってマジかよ?~親父やれよ、なんで俺?

 そして通夜、葬儀、四十九日などなどいろんなことが落ち着き、僕のもとに2人目の子供が無事生まれてきてくれ、さらにバタバタと日常を過ごしていたところ

 ・・・言われた瞬間、マジかよ、勘弁してくれよ。俺じゃなくてあんたやれよ。と(笑)

 正直どうしたものかと。これまで手伝いで単純作業をしたことはあっても、作業の全体像が分からないため、今田畑がどんな状態で、どこから何をすればいいのか全く分からないためです。
 農業のことなんてなんも分からんし・・・とか、まだ子供小さくて手がかかるし・・・とか、仕事も忙しいし・・・とかいろいろな理由をつけて拒否しようと抵抗を試みるものの・・・ 

親父様
親父様

<意訳>

畑で採れた野菜食ってる時点で、お前に拒否権なんてあるわけねえだろ?

 ・・・まあこうなるだろうとは思ってました。

観念 ~さて相続したらなにをしなきゃいけないか~

 ささやかな抵抗を試みるもの、早々に諦めて農業を相続したら何をしなければいけないのかを調べるところから私の農業生活は始まりました。
さてまずやったのは
・農協に相談
 これですね。結論から言って親切にいろいろ教えてもらいました。
 そりゃあこの高齢化社会、農協側としたもよくあることですから案内も慣れたもんですよ。
 とりあえず相談に行ったその場で祖父の名前で登録してあった諸々の名義変更などいろいろなことを手続きをしました。

 あとやはり地域性とかいろんな要因があるからか、インターネットで調べても自分に当てはまり使える情報というのが簡単には見つかりません。探し方が悪い? そういう分野でも農協さんにいろいろ教えてもらって助かりました。

またついでに他にもやらなきゃいけないことをざっと聞いてみると
・祖父の名義となっている田畑を相続人の名義に変更
・↑の後に役所にある農業委員会への届出

 この2点を教えてもらいました。まあやってない人もたくさんいるみたいですけどね~とか言ってましたが、ちょい気になって調べると意外とやばい
 というのも2番目の農業委員会への届出には「法的義務」があり、やらないと罰則があります。

(農地または牧草放牧地についての権利取得の届出)
第三条の三 農地または農地又は採草放牧地について第三条第一項本文に掲げる権利を取得した者は、同項の許可を受けてこれらの権利を取得した場合、同項各号(第十二号及び第十六号を除く。)のいずれかに該当する場合その他農林水産省令で定める場合を除き、遅滞なく、農林水産省令で定めるところにより、その農地又は採草放牧地の存する市町村の農業委員会にその旨を届け出なければならない。

第六十九条 第3条の3の規定に違反して、届け出をせず、または虚偽の届出をした者は、十万円以下の科料に処する。

e-gov法令検索 https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=327AC0000000229

 もっとも身近でそんな罰則受けた人なんか聞いたことありませんが。
 ただ身近にいないというだけで、自分が記念すべき罰則を受けた第1号になりたくもないので、とっとと動き出すことに。
 ちなみに届け出期限もあって、権利取得を知った日から10か月以内ですって。案外時間がありません。ここが先送りにせずになるべく早く動き出した方がいい理由です。


 そしてさらに畑の名義変更ってどうやってやるの?と調べると、どうやら土地や建物の名義変更には「登記申請書」というものを作成して法務局へ届が必要とのことです。

 ただこれが面倒くさい(笑)
 司法書士さん等に依頼して作ってえますが、依頼には20~30万円が相場とのこと。
 正直言ってそこまでのお金は出せないし、さらに調べるとなんか自分でも作れそうな感じがしたので、自分で作って進めることに。

 結論、いろいろネットなどを使って調べたり、人に直接聞いたりして登記申請書を作成、手続きを済ませ名実ともに祖父の田畑が私の物になりました。

 そして兼業農家として今後田畑の管理を行っていくことになるのですが、お前がやれと言い放った親父が院政のごとく口や手を出すので、当面はその手伝いをしながらいろいろ覚えていくことになりそうです。

にほんブログ村 企業ブログ 米農家へ
にほんブログ村
プロフィール
kerodama0911

 祖父から田畑を受け継いだ新米兼業農家にして

 TREKを愛するへっぽころーでぃーにして

 自分のため、嫁のため、そして我が子たちのために資産運用を頑張るパパ投資家である

 そう我こそは! 新米ブロガーkon-mas

kerodama0911をフォローする
SNSフォローボタン
kerodama0911をフォローする
農業
スポンサーリンク
kerodama0911をフォローする
けろだま

コメント

タイトルとURLをコピーしました