初心者向け証券会社 〜初めて株買うならネオモバ!〜 気になる評判と実際の使用感を解説!

高配当株投資
スポンサーリンク

楽しいロードバイクライフのために

「高配当株投資でロードバイクのため使えるお小遣いを増やそう!」

と当ブログでは提案していますが、高配当株投資に関わらず、株式投資に必ず必要なのが「証券会社での口座開設」です。

当ブログが高配当株投資をオススメする記事「目指せ月1万円!投資でお小遣いを増やそう!高配当株投資とは?」でもおすすめする証券会社として

オススメ証券会社
  • ネオモバイル証券
  • SBI証券

この2つをオススメしました。

???
???

なんて言ってるけど、証券会社なんてどこでもいっしょじゃない?

???
???

証券会社の違いなんて言っても微々たるもんだろ?

そんなのどうでもいいよ…。

こんな風にいわば銀行の預金口座と同じノリで考えていませんか?

しかし証券会社間のサービス、手数料形態は銀行のATM手数料以上に違いがあります。

ここで自分の投資目的、手法に合った証券会社を選べないとその時点でハンデを背負った状態になってしまいます。

具体的には

  • 割高な手数料を支払う。
  • 買いたい投資商品が買えない。

こんな事態に陥って投資・資産運用どころじゃありません。

そこで今回は高配当株投資にオススメな2つの証券会社のうちの1つ、私も実際に使ってる証券会社

ネオモバイル証券

こちらを紹介します。

ネオモバイル証券とはネット証券会社の超大手のSBI証券とTポイントを運営するCCCの合弁会社で、若年層や投資初心者向けのサービスを展開している証券会社です。

申し遅れました。

自己紹介
kon-mas
kon-mas
  • 投資歴、高配当株投資歴は約3年
  • ネオモバイル証券で高配当株投資をやってます!
  • 2022年8月現在35銘柄を運用中!

まずは結論!私が使用したネオモバイル証券の特徴です!

ネオモバイル証券の特徴!
  • 〇国内の上場株式を1株単位で、格安クラスの手数料で購入可能!
  • 〇株式投資に貯まりやすいTポイントを使用可能!
  • ✕スマホアプリの機能がイマイチ。というかアプリである必要ある?

もちろんこのネオモバイル証券にしとけば間違いない!100点満点の証券会社だ!

こんなこと言うつもりは毛頭ありません。デメリットももちろん書きます。

なんせ案件でも何でもないですからね!!!(笑)

私個人としては現時点(2022年7月時点)で高配当株株式投資を始める人へオススメする証券会社No.1

さらに今だとネオモバイル証券では「お友達紹介キャンペーン」をやってます。

ここから証券口座を開設して、株式投資を始めると、株式投資に使えるTポイントがもらえます!

ネオモバお友達紹介プログラム

「始める人」と言うところがミソです。では具体的に紹介していきます。

 

スポンサーリンク

特徴その1 上場株式が1株から普通に買える

こう言うと

え!? 株って1株から買えないの!?

こんなことを言われそうですが、そうなんです。

日本の上場株式はほとんどの証券会社で100株を1単元として、1単元ずつの売買が基本です。

この1単元に満たない株式のことを単元未満株と言います。

ネオモバイル証券では「S株」と呼ばれていますが、他の証券会社では別の呼び方をされています。

そしてさらに面倒なのが多くの証券会社で

単元未満株の取り扱いがない
 or
買えても割高な手数料がかかる

という残念な仕組みとなっています。

私もそうでしたが、投資初心者の特徴として投資に使えるお金は多くありません。

一方で投資できる額の多寡に関わらず、初心者は少額から投資を始めるべきだと私は思います。

しかし単元株しか買えないとなると投資金額金額が大きくなってしまう上に、リスクヘッジのための分散投資も困難です。

世界的に有名なゲーム会社任天堂を例とすると

  • 任天堂の株は1株約6万円。1単元で約600万円
  • 単元株しか買えないと購入に必要な最低額は約600万円
  • 単元未満株が買えると購入に必要な最低額は約6万円

極端な例ですが600万円なんて資金は株式投資を始めたばかりの人がポンと出せる金額ではありません。

一方で単元未満株だとを買うことができると、1株の6万円ちょいから購入が可能です。

このように少ない投資資金でも多くの株購入対象とすることができます。

この単元未満株のメリットは少ない投資金額でも多くの銘柄に分散投資できる点です。

こちらが2021年7月当時の私の高配当株ポートフォリオです。

このポートフォリオの総額は約60万円で30銘柄に分散投資しています。約2年かけて積み上げました。

同じ60万円で単元株を買おうとすると10銘柄も買えません。

適切な分散が効いたポートフォリオは暴落時などでも安定的な配当金が見込めます。

最近だと新型コロナウイルスによる経済不安によるいわゆるコロナ禍においても、含み損が出ることはありませんでした。

流石に一部銘柄で配当金を減らす減配する企業がありましたが、ポートフォリオ全体で見ると配当金は増えました。

もちろん分散投資も万能ではなく、デメリットももちろんありますが、せめて脱・投資初心者を果たすくらいまでは少額からの分散投資をオススメします!

とりあえず脱初心者というためには

  • 自身の金融資産の値動きに慣れる
  • 「暴落」が起きても自身の投資スタンスを崩さず投資を続けるメンタル
  • 投資、資産運用に関する金融リテラシーを一定程度身につける

これぐらいは身につけるべきでしょう。

注意

株式などの購入には価格を指定しない「成行」と価格を指定する「指値」といった方法で売買を発注できます。

  • 成行:想定しない金額で購入されてしまうリスクがある一方、確実に売買できる。
  • 指値:指定した金額でないと売買が成立しないため、値動きが読めないうちは売買できない。

両者にはそれぞれ特徴があり、どちらが良いと一概に言えません。

ネオモバイル証券で単元未満株を購入する際には、価格を指定して購入する、いわゆる「指値」での注文が出来ません。

単元株の購入では普通に「成行」、「指値」での発注が可能です。コスト削減のためだと思われます。

特徴その2 利用料が安い!月200円だがTポイント月200ptプレゼント

特徴理由1でも少し触れかけましたが、単元未満株をネオモバイル証券以外で購入しようとすると、手数料の負担が大きくなります。

そこで大雑把ではありますが、ネオモバイル証券とほかの証券会社を比較してみます。

比較〜証券会社別単元未満株式の購入時手数料
購入手数料利用料
ネオモバイル証券購入時手数料なし月の取引額が50万円未満で220円(税込)
※Tポイントが毎月200ポイント付与
A証券約定代金の0.55%(最低55円)
1約定ごと
なし
B証券日中の取引で0.2%~0.5%の手数料
が乗った金額で売買を行う
なし

表でまとめるだけでは分かりにくいので、実際にかかる手数料をシミュレーションしてみます。

例1 1か月に1株1万円の会社の株のみに投資する場合
ネオモバイル証券

購入時手数料はなく、利用料のみ220円だが、Tポイントが200ポイント付与される。
⇨実質負担額は20円

A証券

購入時手数料は購入金額1万円✖0.55%
⇨手数料負担額は55円

B証券

購入時手数料は購入金額1万円✖0.2~0.5%
⇨手数料負担額は20~50円

わずかながらネオモバイル証券が一番安いです。さらにこれが複数銘柄を買うとなるとこの差がさらに広がります。

例2 1か月で1株5千円、3千円、2千円の会社の株式を各1株ずつ購入する場合
ネオモバイル証券

購入時手数料はなく、利用料のみ220円だが、Tポイントが200ポイント付与される。※例1と同じ
⇨実質負担額は20円

A証券

購入時手数料は購入金額の5千円、3千円、2千円にそれぞれ0.55%をかける

5千円✖️0.55%=27.5円
3千円✖️0.55%=16.5円
2千円✖️0.55%=11円
いずれも最低手数料を下回るため手数料はいずれも55円、3銘柄で165円

B証券

購入時手数料が5千円、3千円、2千円にそれぞれ0.2~0.5%を掛けた金額
5千円✖️0.2〜0.5%=10〜25円
3千円✖️0.2〜0.5%=6〜15円
2千円✖️0.2〜0.5%=4〜10円
 →10~25円 + 6~15円 + 4〜10円 → 20~50円

 ここで申し上げたいのは資産運用を行うにあたり、過大な手数料は大敵だということ。

 例示したケース単体での差はわずかと思われるかもしれませんが、この差が年単位で積み重なると考えたら無視できない金額にまで膨らみます。

 とりあえず言いたいことは手数料が分かりやすく、安いものをオススメするということです。

注意

 利用料比較でも触れましたが、ネオモバイル証券の手数料が月200円なのは

 「売買代金が50万円未満」の場合です。

 単元未満株の売買ではよっぽど到達しない域だと思いますが、売買代金が50万円以上となると、

 その月の手数料が月1,100円(税込み)に跳ね上がります。

 もちろん貰えるTポイントは200ptのままです。

特徴その3 スマホアプリの機能がイマイチ。

 証券口座を作った後はスマホアプリ「ネオモバ株」を使って、実際に株式投資を行います。

 さらに細かいことを言うとこのアプリを使って

  • 自身の保有する株式を確認
  • 各銘柄の簡単な情報を確認できる
  • 株式の売買

 主にこういったことができます。操作もとてもシンプルです。

 証券口座への入金も一番最初に簡単な設定を行うことで、以後アプリで指定された銀行口座へ入金するだけです。

 ただ逆にこのアプリから得られる情報が少な過ぎるというデメリットがあります。

 1つの銘柄についての情報が

  • 株価(現在値、前日比、予測される最良気配
  • 配当利回りと予想配当金
  • 株主優待の有無と内容
  • 大雑把な事業内容
  • 大雑把な株価チャート

 これだけです。私が積立NISAで使用している楽天証券のアプリ「iSPEED」では1銘柄について前述の情報に加えて

  • 業績(過去数年と来季の業績予想)
  • 配当実績
  • 各種指標(PBR、PER、EPS、自己資本比率)
    などなど記載し続けていたら日が暮れるレベル

 情報量が桁違いです。明らかにネオモバアプリから得られる情報量が少ないです。

 この他私は他のアプリやエクセルなどでポートフォリオの投資比率の管理や、配当金の管理をしています。

 コストの問題だとは思いますが、アプリとしてあるならこの辺りの機能を求めたいですね。

オススメ理由? Tポイントを使って株が買える

 タイトルの通りTポイントを使って株が買えます。

引用:ネオモバイル証券公式サイト https://www.sbineomobile.co.jp/point/

 最近ではキャッシュレス決済の普及もあってか貯めこんでいる人も多いのではないでしょうか?そしてそれを期限切れで失効させてしまっている人も。

 またポイントなら、そもそもなかったようなものなので、例え損しても現金に比べればマシ、許容範囲内だという人もいるのではないでしょうか。

 まあ株式投資のハードルを下げてくれる要因程度のメリットです。

 個人的には身銭を切って経験しないことは、身につかないと思いますし、ポイント程度の少額での投資だと成果も少額になるので、それが嫌にならないためにも少額でいいので、自分の身銭を切って投資するのをオススメします。

さいごに

 いかがでしたでしょうか?
 こんな人間の駄文で伝わりにくかったことは多々あったと思いますが、

 今自分が使っていて、かつこれから株式投資を始める人にオススメしたい気持ちに嘘偽りはありません!

 ちょっとずつで大丈夫!

 こんなところまで読んでくれた方!一緒にネオモバで株式投資を始めよう!

 今だとネオモバイル証券では「お友達紹介キャンペーン」をやってます。

 ここから証券口座を開設して、株式投資を始めると、株式投資に使えるTポイントがもらえます!

 htps://tpcm.jp/neo21/bff451a0bf507f9b562b0367a3593407

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村

   
 

プロフィール

 祖父から田畑を受け継いだ新米兼業農家にして

 TREKを愛するへっぽころーでぃーにして

 自分のため、嫁のため、そして我が子たちのために資産運用を頑張るパパ投資家である

 そう我こそは! 新米ブロガーkon-mas

kerodama0911をフォローする
SNSフォローボタン
kerodama0911をフォローする
高配当株投資
スポンサーリンク
kerodama0911をフォローする
けろだま

コメント

タイトルとURLをコピーしました